忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/18 22:46 】 |
風になれ!●オススメの感動小説●『一瞬の風になれ』(佐藤 多佳子)

これまた、僕にドンピシャの小説。

僕は中学生の頃、陸上競技の100mと三段跳び、400mリレーをやっていた。

この『一瞬の風になれ』は高校生の陸上への、そして人生へのひたむきさを見事を描いた作品になっている。


あさのあつこの『バッテリー』、森絵都の『DIVE!』と並び称される、極上の青春スポーツ小説。
  

主人公である新二の周りには、2人の天才がいる。

サッカー選手の兄・健一と、短距離走者の親友・連だ。

新二は兄への複雑な想いからサッカーを諦めるが、連の美しい走りに導かれ、スプリンターの道を歩むことになる。


夢は、ひとつ。

どこまでも速くなること。

信じ合える仲間、強力なライバル、気になる異性。

神奈川県の高校陸上部を舞台に、新二の新たな挑戦が始まった――。


この小説を読んでいると風を切るような音まで聞えてくる。


見事なのは、競技中の描写。

新二が走る100m、200m、400mなどを中心に、各競技のスピード感や躍動感が迫力を持って伝わってくる。

特に、本書の山場とも言える4継(4人がバトンをつないで合計400mを走るリレー)では、手に汗握る大熱戦が展開される。

丁寧な人物描写も、物語に温かみを与えている。

生き生きと描かれる登場人物たち、彼らが胸に抱えるまっすぐな想い。

その1つひとつが、小説全体に流れる爽やかさを生み出し、読み手の心を強く揺さぶるのだ。
  

何かに、ひたむきに打ち込むこと。

風のように疾走する新二や連を追ううちに、読者は、重たい現実を一瞬だけ忘れ、彼らと同じ風になることができるのだ。


全部読むと数百ページになる長いお話である。

しかし書いてあることを要約すれば 「高校生の男が走る」という、ただそれだけだ。

セックス・シーンは皆無。暴力もふるわれない。

人が死ぬ場面もない。

主人公や恋人が 突然白血病になったりしない。

通俗的なドラマで話を盛り上げるために導入される要素が ほとんどない。

それでいて読後には読む前とは異なる世界が眼前に拡がる。

もしかしたらこの世の中はすごく魅惑的なものかも。

そう感じて生き返った気がする。


ただ走る話である。

走るというシンプルなことからも、希望や真実は伝わる。



一瞬の風になれ 第一部 (アマゾン)
 



一瞬の風になれ(第1部)(楽天)

【送料無料】一瞬の風になれ(第1部)

【送料無料】一瞬の風になれ(第1部)
価格:520円(税込、送料別)
 




■■■ 面白い本、おもしろい本、お勧めの本、お勧めの小説、おすすめの本、おすすめの小説、人生を変えた本、お勧めの本のランキング ■■■
       ↓
「おもしろい本、おすすめの小説、おすすめの本のランキング」の紹介サイト。


   ↓
よろしかったらクリックをお願い致します。⇒人気ブログランキングへ  

 

拍手[0回]

PR
【2011/05/04 13:38 】 | 人生の美しさを感じる本 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<オススメのミステリィ●死ぬのは1年だけ待って●『チェーン・ポイズン』(本多 孝好) | ホーム | ラストシーンが最も衝撃的な漫画とは?●僕らの世代の男性(女性)なら>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>