忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/18 22:36 】 |
●おすすめの本:「風の歌を聴け」:村上春樹
村上春樹の衝撃のデビュー作

1970年夏、あの日の風は、ものうく、ほろ苦く通りすぎていった。
僕たちの夢は、もう戻りはしない。

群像新人賞を受賞したデビュー作

1970年の夏、海辺の街に帰省した<僕>は、友人の<鼠>とビールを飲み、介抱した女の子と親しくなって、退屈な時を送る。

2人それぞれの愛の屈託をさりげなく受けとめてやるうちに、<僕>の夏はものうく、ほろ苦く過ぎさっていく。

青春の一片を乾いた軽快なタッチで捉えた出色のデビュー作。

群像新人賞受賞。



僕の人生を変えてしまった一冊の本だ。

恐らく今、この小説の持つ独特の感触は薄れてしまっていると思う。

小説の賞味期限としてはもちろん長いモノであると思うし、村上春樹さんのデビュー作であるから、今後も読まれていくと思う。


しかし、出版された当時のショックは大きかった。

これを私は高校生時に読んでしまって、その後「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を読んでしまったが為に、新作が出るたびに買わずにはいられない作家になってしまった。


この作品はいろいろしかけは多いのだが、その仕掛けをいちいち解きたくなり、また自分の説を説明したくなるという作用を持つ。
しかし、僕の感じた1番大きなことはまるで消毒された様な文体だった、という事です。

今では当たり前のこの文体ですが、その当時は本当にショックだった。

有名な1度英語で書いて翻訳した、という事実も良く分かりますが、それだけでない突き放した、自分の影を出来るだけ排除し、消した文章が、とても印象的でした。

今はやりの文体の恐らく原点、それを確認してみたい方にオススメいたします。


それと「村上春樹っていったい、何?」という人にもおすすの本です。
3時間もあれば読み終わりますよ。

なんとも言えない、爽やかな読後感が、いっそう、ファンを虜にします。


【アマゾン】「風の歌を聴け」:村上春樹
 ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062748703/horaihonoyomu-22


風の歌を聴け (講談社文庫)





【楽天】「風の歌を聴け」:村上春樹
 ↓
風の歌を聴け

風の歌を聴け

風の歌を聴け

価格:400円(税込、送料別)




拍手[0回]

PR
【2010/12/07 19:48 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<●おすすめの本:「1973年のピンボール 」:村上春樹 | ホーム | ●「自信の法則」>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>