忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/18 22:44 】 |
お勧めの小説●『空の中』(有川 浩著)

お勧めの小説●『空の中』(有川 浩著)


200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残った自衛隊パイロットは調査のために高空へ飛んだ。


高度2万、事故に共通するその空域で彼らが見つけた秘密とは?


一方地上では、子供たちが海辺で不思議な生物を拾う。


大人と子供が見つけた2つの秘密が出会うとき、日本に、人類に降りかかる前代未聞の奇妙な危機とは―すべての本読みが胸躍らせる、未曾有のスペクタクルエンタテインメント。


UMA(未確認生物)とのファーストコンタクトを扱ったSFではありますが、人間の美しさを描いた本でもあります。


弱く愚かな人間が、自らの愚かさも弱さも受容し、自然に対して謙虚に、優しく生きる人間の生き方の美しさに、感動し、涙無しでは読めません。


 


SFとしても優れものです。


UMAの設定は衝撃的にユニークです。


ユニークですが、設定が緻密なのでとてもリアルな内容です。


明日、この本の内容が現実になっても不思議な気がしません。


このUMAの登場(人類との出会い)、人類との交流・衝突、そして結末を描いたSFとしても一読の価値があります。


 


本書はライトノベル的な読みやすさを保ちつつ、楽しくて萌えるだけではないイイ話を見事に書ききった、いい本です。


作者は、ライトノベルとして執筆しました。しかし、原稿を見た編集者が「この本は、ハードカバーで出したい!」と情熱をもやし電撃文庫から14年ぶりのハードカバーとして出版されることになりました。


そして、文庫本化される時は、電撃ではなく角川文庫から出版されました。


この経緯が本書の内容を物語っています。


少し淡く切ない物語でもあります。


 


●『空の中』(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4043898010/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●『空の中』(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/kpq9fc9


 

拍手[0回]

PR
【2013/12/30 05:48 】 | ミステリィ・ホラー・SF | 有り難いご意見(0)
| ホーム | お勧めの本『人間にとって成熟とは何か』>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














| ホーム | 次ページ>>